女性

矯正歯科治療を受ける際のポイント|失敗しない秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギーと歯科治療

歯科

失ってしまった歯の見た目や機能性を取り戻せる歯科治療を補綴歯科治療と言います。そんな補綴歯科治療の中でも、その見た目や機能性の高さから大阪でも多くの患者さんに利用されているのがインプラント歯科治療です。インプラント歯科治療は自分の顎の骨にインプラント体を直接埋め込む歯科治療になるため、まるで自分の歯のような噛み心地を体感することが出来ます。

インプラント治療では主に上部構造である人工歯科、あごの骨に埋め込むインプラント体、人工歯科とインプラント体を繋ぐアバットメントの3つの部品から構成されています。この上部構造やアバットメント部分の素材にはチタン製が選ばれるのが一般的です。このチタン製の部品は金属になるため、人によっては金属アレルギーを起こしてしまう可能性があるので治療を受ける際には十分に気を付けましょう。大阪には金属アレルギーの患者さん専用のインプラント治療を施してくれるクリニックも増えているので、心配な方はそういったクリニックを選ぶと良いかもしれません。

また国内で国に認可されているのは医療用グレードチタンのみになりますが、外国ではジルコニアと呼ばれる非金属製のインプラント体が多く利用されています。大阪のクリニックでも患者さんが希望すれば、非金属製のインプラント体を選ぶこともできます。金属製以外のインプラント体を所望するなら、治療を担当する医師に相談してみるといいでしょう。また金属アレルギーに心当たりがない人の場合も、チタンアレルギーを持っている可能性はゼロではありません。大阪で治療を受ける前に必ずパッチテストやアレルギー検査を受けておきましょう。